政府、18年成長率6.5%に下方修正へ

ラオス政府は、2018年の国内総生産(GDP)成長率目標を当初の7.0%から6.5%に下方修正する方針を示している。前年実績は6.9%だった。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が9月28日に伝えた。 下方修正の要因については、◇世界経済の不透明な先行き◇15県を襲った洪水による農…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

観光相がバス事故の中国人負傷者を慰問(08/23)

エネ相、地域での再生可能エネ活用を推進(08/23)

北部でバスが谷底転落、中国人13人死亡(08/22)

労働需給のミスマッチ解消が失業解決の鍵(08/21)

首都郊外にランサン文化公園が着工(08/20)

坂東電線がサワンナケートに工場開設(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン