自然災害の被害額算出へ、国際機関が協力

ラオス政府は24日、2018年に発生した洪水など大規模災害について、被災後復興ニーズ評価調査(PDNA)を始動した。国連、世界銀行、欧州連合(EU)と協力し、被害額の算定や復興に向けた優先事項の特定、持続可能な復興計画の策定などを行う。ラオス・タイムズ(電子版)が伝…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

三菱電機、昇降機の販社設立(06/21)

新たな物品税法の草案、財務相が国会に提出(06/21)

HAGLのゴム子会社、Thacoに売却へ(06/21)

ラオスへの輸出、「貿易権」取得を義務付け(06/20)

タイ、ACMECS基金に2億ドル拠出(06/20)

各県で観光名所5カ所を整備へ、政府方針(06/19)

反ダンピング法、通常国会で可決(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン