自然災害の被害額算出へ、国際機関が協力

ラオス政府は24日、2018年に発生した洪水など大規模災害について、被災後復興ニーズ評価調査(PDNA)を始動した。国連、世界銀行、欧州連合(EU)と協力し、被害額の算定や復興に向けた優先事項の特定、持続可能な復興計画の策定などを行う。ラオス・タイムズ(電子版)が伝…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

事業環境改善へ特別委員会設置、首相が同意(11/14)

通常国会始まる、閣僚2人の人事を承認(11/13)

ラオス初の野球リーグ戦、韓国支援で開催へ(11/13)

年末から電力不足危機、政府は対策に本腰(11/11)

タートルアン特区、管理事務所の起工式(11/08)

【アジアの穴場】フランス植民地時代の残照色濃く残る街 ターケーク(ラオス中南部)(11/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン