友達が事業多角化、介護や排水処理の子会社設立

液晶パネル世界大手の友達光電(AUO)が、事業の多角化を進めている。2017年以降、介護や工場内の排水処理、スマートリテールを手掛ける子会社を相次ぎ設立した。25日付工商時報が伝えた。 友達は17年に2,500万台湾元(約9,200億円)を投じて、介護事業を担う友達頤康(AUO…

関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造IT・通信サービス


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界を駆けめぐったイチ…(03/25)

旧式のディーゼル車淘汰加速 貨物税の還付対象、バスにも拡大(03/25)

和碩がインドネシア法人に正式出資、1千万ドル(03/25)

台湾二輪キムコ、電動スクーターお披露目(03/25)

聯電の中国子会社、10月にも上海科創板上場へ(03/25)

誠美材料、経済部に私的整理の調整を要請(03/25)

台プラ、生産や環境保護にAI導入(03/25)

上緯がマレーシア子会社開業、耐食性材料を生産(03/25)

中国からの工作機械輸入8割増、経済部が懸念(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン