• 印刷する

テイクオフ:東京に立ち寄った際、仕…

東京に立ち寄った際、仕事帰りのJRで缶ビールをすするサラリーマンを毎日見かけた。ある種の“時短”で、働き方改革ならぬ「飲み方改革」かもしれないが、訪日外国人の目にどう映るのか気がかりだった。

マレーシアでは9月に入って、密造酒を飲んだとみられる30人以上が死亡する事件が起きている。問題の酒の他にも、有名ブランドそっくりの缶ビールが出回っているという。偽造業者らが飲食店などから空のビール瓶を回収して密造酒を注ぎ、香料までつけて闇ルートに流すケースもあるようだ。素性の知れない販売店には注意したい。

地元紙によれば、月収3,000リンギ(約8万1,000円)以下の場合、都市部よりも農村部に暮らす人の飲酒量の方が多くなるのだとか。娯楽の少なさゆえだろうか。東京は娯楽も酒場も把握できないほどに豊富。景気づけに一杯、ぜひとも飲食店でお願いしたい。(理)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ECRL交渉、中国高官がマレーシア訪問へ(02/22)

パンダ債発行で中国と交渉中=財務相(02/22)

1月の新車販売、SUVが7割増 プロトンが2位のホンダに肉薄(02/22)

NLCCN、ハラル物流で地場と覚書(02/22)

RM=27.1円、$=4.07RM(21日)(02/22)

ホンダ、ジャズなど2車種で限定モデル発売(02/22)

サクラファインテック、地域拠点開設(02/22)

NTT、豪メガポートとクラウドで戦略提携(02/22)

東海岸鉄道事業、中国側は費用削減を提案(02/22)

グラブ、政府の業界規制混乱にいらだち(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン