• 印刷する

19年経済へ明るい見通し=計画投資省

ベトナム計画投資省は24日に開いたオンライン会議で「2019年に向けてベトナム経済の見通しは明るい」との見解を示した。また、18年の国内総生産(GDP)成長率を6.7%と予測した。25日付ベトナム・ニュース(VNS)が報じた。

同省国家経済問題局のチャン・クオック・フオン局長は、来年の経済見通しに関して「今年のマクロ経済は安定しており、18年に国会が定める12の目標の達成に向け軌道に乗っている」とコメント。18年の国内総生産(GDP)については、成長率6.7%、金額ベースで2,405億米ドル(約27兆900億円)超に達すると予測した。

計画投資省が社会経済開発の進捗(しんちょく)を確認するために地方省市とオンライン会議を実施したのは今回が初めてという。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ビンズオン省のFDIが好調 外資誘致の恩恵、省の対応が好評(12/19)

日産、タンチョンとの合弁を来年9月に解消(12/19)

バンコク航空、来年1月にカムラン線就航(12/19)

ダナン、30年までに運輸インフラに14兆ドン(12/19)

外国人犯罪の摘発、中国人が75%(12/19)

韓越企業が提携、南部に複合ビル建設で(12/19)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(347)(12/19)

アスコット、ビンズオンにサービスアパート(12/19)

三栄建築設計、不動産ネットランドと提携(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン