• 印刷する

テイクオフ:バンコク首都庁(BMA…

バンコク首都庁(BMA)が、増え続けるハトの管理に乗り出した。ハトが集中する寺などで鳥インフルエンザ防止の薬を使った道路や床の洗浄やハトに餌をあげないよう看板を立てて啓発することが柱となっている。もし違反したら、最高で禁錮3カ月か罰金2万5,000バーツ(約8万6,900円)、もしくはその両方が科される。

この措置はバンコクに限られるが、自宅のある郊外のノンタブリ県でも実施してもらいたい。ノンタブリの船着場は人の往来が激しいのにハトが非常に多く、ふんで道路は汚く、非衛生的だ。親子がハトに餌をあげているのを見たことがあり、餌をあげる人が多いのが、ハトが増える原因だと感じる。

仏教徒が多いタイでは、タンブン(喜捨)が美徳で、動物に餌をやるのもその一つ。ハトの件はそれを否定するようで、管理が進むかどうかは予想が難しい。(エ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

東南アの越境投資顧問容易に、まずは4カ国(10/15)

CLMVT、越境輸送改善でワークショップ(10/15)

住宅融資規制は長期的に効果 投機対策で中銀、販売影響懸念も(10/12)

中国が東南アのEC市場席巻 「ラザダ」台頭、2社で覇権争い(10/12)

海外旅行が人気、所得向上で キーワードは「近場」と「短期」(10/12)

不動産オール、JR九州とコンド開発へ(10/12)

プレミアグループ、首都3カ所に高級住宅(10/12)

キヤノン、フルサイズミラーレスを発表(10/12)

自動車輸入、急回復中も値下がり見えず(10/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン