• 印刷する

スターバックス、ミャンマー出店を棚上げ

9月にミャンマー1号店の開業を予定していた米コーヒーチェーン大手スターバックスが、ミャンマーへの投資計画をいったん棚上げする方針を固めたことが分かった。ミャンマー投資委員会(MIC)の担当者がNNAに対して明らかにした。

MICは5月12日付で、香港系企業による全額出資会社が、スターバックスと提携する「コーヒーコンセプツ・ミャンマー(CCM)」を通じてミャンマー国内でスターバックス店舗を展開するための投資計画を正式に許可。同社は9月にも最大都市ヤンゴンの商業施設「スーレー・スクエア」内に1号店を開業し、国内20店舗体制を視野に事業を拡大する意向を示していた。

MICの担当者によると、CCMから今月第1週に、MICに認可された投資案件を一時的に棚上げする方針が伝えられた。理由は明らかにされていない。

スターバックスは1971年設立。世界各国で約2万7,000店舗を展開している。東南アジア地域では、フィリピン、タイ、インドネシア、マレーシア、シンガポール、ベトナム、カンボジア、ブルネイに進出しており、ミャンマーでは、1号店の開業を心待ちにする声が高まっていた。

ミャンマーでは9月、同じく米国の飲食ブランドとして知られるドーナツチェーン「クリスピー・クリーム」が、最大都市ヤンゴンで初めての店舗を開業した。近い将来に10店舗体制とする計画を明らかにしている。


関連国・地域: ミャンマー米国
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

欧州企業の景況感、低下続く 高い魅力も難民問題足かせ(12/12)

仏の7千万ユーロ融資、会計委が凍結提案(12/12)

ヤンゴンの発電所向けLNG供給、来年整備(12/12)

レンタルバイク禁止、ダウェー観光に影響も(12/12)

森林局、民間人工林の木材輸出を許可へ(12/12)

与党、地方首相や議員の監視チーム設置へ(12/12)

ラカイン北部の夜間外出禁止令、2カ月延長(12/12)

日本語教師の育成が本格化 受け入れ増へ、官民が取り組み(12/11)

断罪の一方的裁判続く、ロイター記者逮捕から1年(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン