タイのビッグデータ市場、19年に620億円へ

タイのデジタル経済振興機関(DEPA)と米系調査会社IDC(タイランド)によると、タイのビッグデータ関連市場は2019年には今年見込み比16.4%増の177億バーツ(約620億円)規模に拡大する見通しだ。社会と経済のデジタル化の進展が市場拡大の要因。22日付ネーションが報じた…

関連国・地域: タイ
関連業種: その他製造金融建設・不動産運輸IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アヤラ、シンガポールの風力発電企業に出資(15:34)

BOIが新投資奨励策を提案、中国企業誘致(19:27)

テイクオフ:タイ土着の料理や飲み物…(11/15)

ポイペトに初の大型小売店 ビッグC、19年後半に開業も(11/15)

ASEANシフトは複合要因か 米中貿易戦争の影響は(11/15)

三重県が食品加工の研究施設 タイに技術紹介、企業間連携図る(11/15)

福井県が食品商談会、水産品の輸出拡大狙う(11/15)

タイビバ、クラフトビールの新製品投入(11/15)

マツダ、東南アで「RX―ビジョン」初公開(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン