自動車産業、20年にはGDPの1割を占有

マレーシアのモフド・ハッタ・ラムリ副起業家開発相は、SST(売上・サービス税)の導入で自動車価格が低下したことが販売増など市場拡大につながるとみて、2020年には国内総生産(GDP)に占める自動車産業の割合が10%に高まるとの見通しを示した。国営ベルナマ通信が21日伝…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

トップグローブ、ラテックス価格上昇を予測(19:31)

世界幸福度調査、今年は順位落として80位(17:54)

テイクオフ:レジ袋に20セン(約5…(03/21)

デビットカードで現金離れ 電子マネー躍進も、主流は従来型(03/21)

田辺三菱製薬、KLに販売子会社設立(03/21)

2月の訪日マレーシア人、3.9%増の3.6万人(03/21)

RM=27.4円、$=4.07RM(20日)(03/21)

カザナ、今年後半にMASへ追加資金注入(03/21)

T7グローバル、海洋サービスで2社と合弁(03/21)

農園PLS、ドリアン栽培へ事業多角化(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン