• 印刷する

香港CKI、豪とNZの農地資産拡大を計画

香港のインフラ建設大手、長江基建(CKI)が、オーストラリアとニュージーランド(NZ)の農地資産拡張を計画していることが分かった。同社は現在、オーストラリアのパイプライン大手APAグループの買収計画を進めており、部門をまたいだ投資活動を展開していく見込み。ただ、国益保護のため、同社が追加資産を取得するにはオーストラリア外資審議委員会(FIRB)の承認を得る必要があるとみられる。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

CKIは、農地、果樹園、綿花栽培施設、ブドウ園など既に11万ヘクタールの資産を保有しており、野菜や果物の生産大手ニュートラノ(Nutrano)や、オーストラリア証券取引所(ASX)上場のワイン醸造大手トレジャリー・ワイン・エステーツなど、地場大手企業が借地人となっている。

CKIは、不動産管理を行う複数のオーストラリア子会社を通し農地の追加取得を計画しており、直近ではアボカド、マンゴー、綿花、かんきつ類、ブドウの生産農地に関心を寄せているという。CKI傘下で、オーストラリアとNZに16件のブドウ園を保有するQWILインベストメントは、CKIグループの活動は不動産投資信託と同じであり、今後も農業関連事業への投資の機会を模索するとしている。

一方連邦政府のマコーマック副首相は、海外からの投資はオーストラリア農業の成長と発展において必要不可欠ではあるが、国益保護のためには適切で透明性のある審査を行う必要があるとしている。


関連国・地域: 香港オーストラリアニュージーランド
関連業種: 農林・水産建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアの政治家…(08/20)

豪の納税割合、若年負担増大 65歳以上が17%に低下(08/20)

中小企業が景気を悲観、投資鈍化も?(08/20)

豪ライナスの操業延長、首相「問題なし」(08/20)

アパレル企PAS、スーザン買収から撤退(08/20)

豪シティ、コーガンと提携で代金後払い参入(08/20)

NSW、英に州代表官で空港開発投資呼込み(08/20)

〔政治スポットライト〕所得減税の効果喪失?与党支持率が下落(08/20)

財相、王立委金融改革を来年末までに実現へ(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン