• 印刷する

テイクオフ:ある映画で、インドネシ…

ある映画で、インドネシア人同士の会話が白熱すると互いに英語になる場面があった。文化交流を支援する職に就く日本人は「若者が英語を挟むのはこういうときか」と感心していた。

これが2年前。当時と比べてもインドネシア人同士が英語で会話する姿を見ることが増えた。飲食店でもよく目にするし、トークショーなどでも当然のように英語が使われる。なぜ母国の共通語を使わないのか。単に英語に慣れ親しむ人が増えたのかもしれないが、友人に聞くと「だってクールでしょ」とのこと。国際共通語を自然に操る姿がクールだという。

日本文化を研究するインドネシア人に聞くと、インドネシア語も英語も同じアルファベットな上、ネットの普及拡大で若い世代ほど英語への抵抗がないと話す。「日本人同士だと『恥ずかしい』と言ってこうはならないだろうね」と苦笑した。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EVに関する大統領令、産業省が草案を提出(10/19)

水先案内JAI、水先船の保守事業に参入へ(10/19)

タックスホリデー8社に付与、財務相発表(10/19)

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

撮影スタジオ完備の教室開設 富士フイルムが世界初、首都に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

イオンフィナンシャル、配車アプリ四輪融資(10/19)

バンドン高速鉄道、工事進ちょく率は5%(10/19)

スラバヤ準高速鉄道、狭軌や三線軌条で合意(10/19)

TNG、インドネシア同業を買収(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン