• 印刷する

テイクオフ:タイ人が大学の卒業式に…

タイ人が大学の卒業式にかける情熱はすごい。リハーサルは2日間以上にわたり行われ、既に就労している卒業生は有休をとってでも参加する。大学と現在の居住地が遠ければ、サービスアパートを借りて参加するくらいだ。

それに、卒業式にかかる費用も馬鹿にできない。卒業式用の衣装や、お世話になった人への贈り物。プロのカメラマンを雇えば、1日4,000バーツ(約1万4,000円)はかかる。プロにメイクや髪型をセットしてもらうこともある。

式の参加は強制ではないが、ほとんど皆が出席する。なぜだろうと考えて、ふと気付く。式には、家族や親戚、同級生、恩師、先輩、後輩――自分の人生で関わった大切な人々が、一同に集まって人生の門出を祝福する。こんな日は人生でめったに訪れない。人と人とのつながりを重んじるタイ人にとって、これほど特別な日はないのだ。(木)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

年末年始、慎重な支出続く 官民が消費喚起も伸びは4%見込(12/14)

商務省、中国の越境EC会社と提携(12/14)

ビッグC、データ分析でニールセンと提携(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

沖縄の商社、地場輸入卸と資本業務提携(12/14)

ディーン&デルーカ、仏ラガルデールにFC(12/14)

19年は電動車の販売増加=カシコンリサーチ(12/14)

イタルタイ、タダノのトラッククレーン発売(12/14)

サイアムセメント、バングラに合弁設立(12/14)

通信トゥルー、電子決済企業の保有株を売却(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン