政府、持続可能なダム開発を推進

ラオス政府は、メコン川で持続可能な水力発電事業を推進する意向を示している。ステークホルダー(利害関係者)からの幅広い支援も要請した。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が伝えた。 天然資源・環境省のブンカム副大臣は「持続可能な開発はメコン川委員会(MRC)加盟国や…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

GMOインターネットがサービス開始(11/20)

2020年の社会経済開発計画を承認=国会(11/20)

日タイ企業は周辺国で連携を 調達・販売で補完関係=専門家(11/19)

政府、違法輸入車の取り締まりを強化(11/19)

Bグリム、カンボジア太陽光発電に参入(11/19)

文大統領、ASEAN各首脳と会談へ(11/19)

再生エネのマッタン、国内外シェア拡大狙う(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン