製造各社、貿易戦で東南ア工場の受注拡大

米中貿易摩擦の過熱を受け、東南アジアに工場を構える香港の製造業の受注が拡大している。米国の対中制裁関税を警戒し、バイヤーが発注先を中国本土から東南アジアにシフトする動きを強めていることが背景にある。大公報が伝えた。 非皮革製バッグのOEM(相手先ブランドによる…

関連国・地域: 中国香港米国
関連業種: 繊維その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マカオのCTM、騰訊とクラウドで提携(19:01)

低技能職に就く大卒者が増加 学歴と職種のミスマッチが悪化(12/19)

香港スタートアップ指数、人材の評価低く(12/19)

9~11月の失業率、8期横ばいの2.8%(12/19)

銀行「スキルギャップ」、業界6割が認識(12/19)

本土向け生保の販売拡大を、金発局が提言(12/19)

金銀業貿易場、ブロックチェーンで金取引へ(12/19)

3日続落、節目の26000下抜け=香港株式(12/19)

海通国際、ウェルスマネジャー500人増員へ(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン