• 印刷する

地方2空港の開発案、運輸省は年内に承認

フィリピンの運輸省は18日、民間2社が計画する地方2空港の開発と運営管理(O&M)案について、年内の承認を目指すと明らかにした。事業総額は計610億ペソ(約1,266億円)。来年にも着工させたい意向を示している。20日付ビジネスミラーなどが伝えた。

海運・物流大手チェルシー・ロジスティクス(CLC)と中国系コンソーシアムのメガ・セブン・コンストラクションはそれぞれ、ミンダナオ地方のダバオ国際空港(事業費490億ペソ)、西ビサヤ地方アクラン州のカリボ国際空港(120億ペソ)の事業計画を「アンソリシテッド・プロポーザル」として7月に再提出。レイノソ運輸次官は、同省が2社の提案に関する評価を完了したと説明した。

現在は、両空港を管轄する民間航空庁(CAAP)が理事会で審査しており、年内までに国家経済開発庁(NEDA)傘下の投資調整委員会(ICC)の承認を得る計画だ。その後、より好条件の対案が提示されなければ提案者が事業主体となる「スイスチャレンジ方式」の入札を行う。

2社と共に提出された、財閥アボイティス・エクイティ・ベンチャーズ(AEV)傘下のアボイティス・インフラキャピタルによる中ビサヤ地方パングラオ島の新ボホール国際空港(事業費1,480億ペソ)の開発案は、運輸省が評価を進めている段階だという。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:連日感染者や重症患者が…(12/02)

有望国、越が7年連続首位 中国も人気根強く=中小企業調査(12/02)

航空2社、コロナ検査推進 自前施設で割引、自治体と協力(12/02)

コロナ感染新たに1298人、計43万2925人(12/02)

クリスマス期間、家族の集まりも制限(12/02)

企業のシャトルバス、乗車人数制限を緩和(12/02)

外資系企業の11%、事業縮小を検討=調査(12/02)

仁川ーマニラ線、17日から往復運航再開へ(12/02)

メガワイド、交通ターミナル建設へ協議(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン