• 印刷する

SNSでスーチー氏侮辱の男性、禁錮7年に

ミャンマー最大都市のヤンゴン西部地方裁判所は18日、会員制交流サイト(SNS)大手のフェイスブック(FB)上でアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相を侮辱した男性に、刑法124条(A)違反として禁錮7年と罰金10万チャット(約7,100円)の判決を言い渡した。イレブン電子版が19日伝えた。

ヤンゴン管区ライン郡区在住のガー・ミン・スエ氏は7月12日、自宅で拘束された。11回の公判を経て、18日に有罪判決が言い渡された。公判では原告側証人2人が証言したが、被告は証人の招致を拒否したという。同氏が高等裁判所に控訴するかどうかは分かっていない。

刑法124条(A)は、書面、口頭などにかかわらず、政府に対する憎悪を表現したり、侮辱したりした者を処罰する。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

来月7日がディワリで国民の休日に(10/20)

政府、数年内に対GDP税収率15%目指す(10/19)

日本支援で投資促進計画 事業環境改善を加速(10/19)

〔寄り道〕「喉が渇いていますか?僕ので…(10/19)

外資規制緩和でイオンが認可、商業省(10/19)

格付けフィッチ、経済成長率を下方修正(10/19)

携帯MPT、電子書籍サービスを開始(10/19)

英政府とスイス系企業、小口保険の振興支援(10/19)

ラカインリゾート地での夜市に認可(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン