政策金利据え置き、委員2人は引き上げ支持

タイ中央銀行(BOT)は19日、金融政策委員会(MPC)の会合を開き、政策金利(翌日物レポ金利)を1.50%に据え置くことを決めた。7人の委員のうち2人が0.25%引き上げに票を投じた。金利の据え置きは27会合連続。 中銀は、タイ経済は世界経済の成長に伴う輸出と観光業の拡…

関連国・地域: タイ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

工業省、鉄鋼業界の発展計画の策定求める(18:32)

テイクオフ:経済のデジタル化や、産…(12/19)

日系チェーンは運営見直しも 化粧品市場(下)差別化で攻勢へ(12/19)

イースタン、EV向け軽量ボディー供給へ(12/19)

バンコク航空、来年1月にカムラン線就航(12/19)

東北部コンケンのLRT、入札は来年2月(12/19)

ハウスドゥ、海外初進出先としてタイを検討(12/19)

外国人犯罪の摘発、中国人が75%(12/19)

不動産シンハ、定期収入拡大に580億円投資(12/19)

建設ITD、LNG基地と鉄道地下工事受注(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン