検査不正の対策報告に遅れ、スバルと日産

【共同】SUBARU(スバル)と日産自動車が排ガスや燃費の測定試験の不正で国から求められている再発防止策の報告が、1カ月のめどを超えて大幅に遅れている。製造業の現場が法令順守を軽視した問題として国内外の消費者や市場関係者に衝撃を与えたため、報告内容に遺漏が出な…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

一帯一路にどう向き合うか、学術団体がシンポ(12/18)

テイクオフ:7日からジャカルタで開…(12/18)

JA青森、リンゴ販売本格化 台湾・香港に続く第3の市場に(12/18)

ドラッグストアの競争激化 化粧品市場(上)2大巨頭に挑む日系(12/18)

ヤンゴン―ピー線の改修工事、年初に入札へ(12/18)

日産、新型SUV「テラ」を発売(12/18)

日産に臨時株主総会要求、ルノー(12/18)

【この人に聞く】海外初の保育園事業に挑む ヒューマンHD、0歳児から(12/18)

【改革開放40年】(3)巨大市場へ 所得急増、解き放たれた消費力(12/18)

パナソニック、新竹に半導体材料のR&D拠点(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン