ロヒンギャ迫害で予備調査、国際刑事裁

【ブリュッセル共同】ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャが迫害された問題で、国際刑事裁判所(ICC、本部オランダ・ハーグ)のベンスダ主任検察官は18日、予備調査の開始を発表した。民間人に対する組織的攻撃など「人道に対する罪」が犯された疑いを視野に入れている…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国軍がFBで情報操作、迫害支持狙う(19:46)

スズキ、販売好調で新モデル 成長市場で投資継続(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

大統領、バリ島でASEAN首脳会議に出席(10/16)

ラカイン、木材管理など一部権限の移譲提案(10/16)

ボルボ、ヤンゴンの新車登録制度遅延で打撃(10/16)

マグウェーの太陽光発電所、来月から稼働(10/16)

麻薬栽培転換のコーヒー豆、欧州に初出荷(10/16)

軍系野党USDP、補選の目標は5議席獲得(10/16)

生活習慣病の死亡原因、喫煙がトップ(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン