• 印刷する

韓国コーロン、南部のタイヤコード工場竣工

韓国中堅財閥コーロングループ傘下のコーロンインダストリーは18日、ベトナム南部ビンズオン省で建設を進めていたタイヤコード(タイヤの補強材)の工場が竣工(しゅんこう)したと明らかにした。同社の海外工場は、中国の南京市に続く2カ所目となる。朝鮮日報が伝えた。

工場の総工費は1,431億ウォン(約143億円)で、年産量は1万6,800トン。これにより、コーロンインダストリーのタイヤコードの年産量は、世界のタイヤコード市場の約15%に相当する9万3,800トンまで増加する見込みだ。ベトナム工場は原糸生産から製織、熱処理、完成品まで一貫生産する体制を整えている。

ベトナムのタイヤコード需要は年3~4%拡大すると見込まれており、同社は今後、工場増設も視野に入れている。


関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車繊維その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:福岡市で開かれた地元企…(10/19)

次代を担う「Z世代」に注目 影響力は大きく、購買決定の70%(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

エプソン、BtoB商品を一斉投入(10/19)

HCM市都市鉄道1号線、20年完成は困難(10/19)

韓越が覚書、港湾開発・運営など協力を強化(10/19)

産業ボイラー三浦、シンガ現法が駐在所(10/19)

ハノイ、停滞の都市区案件4件を取り消しへ(10/19)

韓国企業、ブンタウにゴルフリゾート開発へ(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン