石油利権料で東部2州が反発 自治権と20%の算定基準が争点に

マレーシアで連邦政府が州政府に支払う石油利権料(ロイヤルティ)を巡って議論が再燃している。契機は、マハティール首相がロイヤルティの割合について、当初マニフェスト(選挙公約)に掲げていた「現行5%から20%への引き上げ」を根底から見直す旨の発言をしたことだ。国内で…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

納豆ブーム、粘り強く拡大 訪日旅行と健康志向が後押し(21:00)

テイクオフ:「日本は同調圧力が強い…(10/22)

日立物流、低温物流センター開設 イオンと提携で国内配送に特化(10/22)

イオン、ス州クラン店の賃貸借契約で和解(10/22)

RM=27.0円、$=4.15RM(19日)(10/22)

JAKS、再生エネ発電事業に参入へ(10/22)

KLの超高層ビル、入居契約率が10%に急減(10/22)

エムケイ、7万リンギの破格住宅の建設計画(10/22)

ライナス、マレー当局に迅速な免許更新訴え(10/22)

政府、11月15日からSST価格も表示徹底(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン