• 印刷する

テイクオフ:台湾暮らしの楽しみの一…

台湾暮らしの楽しみの一つが温泉巡り。大都会の台北でも、ちょっと足を延ばせば湯けむりに出会える。陽明山のふもとにある温泉街・紗帽山温泉の中でも、日本的風情が売りの川湯温泉が営業を再開したと聞き、出掛けた。

台北MRT石牌駅から15分ほどバスに乗り、最寄りのバス停で降りてしばらく歩いていくと、次第に硫黄の香りが漂い、心が沸き立つ。日曜日だからだろうか、大浴場は既に地元の客でいっぱいだ。

青緑色を帯びたお湯は、もちろん源泉掛け流し。パソコンとのにらめっこで凝り固まった身体にお湯が染み渡り、30分もつかると生き返る。市内から気軽に行けるとあってか日本のスーパー銭湯のようでもあり、ローカル感を存分に味わえる。

うわさでは、この温泉街は同性愛者御用達とも言われている。夜の温泉街をのぞくと、また台北の違った一面に出会えるかもしれない。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日台の工作機械にAD調査、商務省が開始(18:21)

人民元建て預金残高、4カ月連続プラス成長(18:23)

テイクオフ:僕は静かな物を見るため…(10/16)

民進党は15、国民党は12目標 地方首長選、決起集会で双方が気勢(10/16)

台湾二輪キムコがインド参入 地場と提携、3年で56億円を投資(10/16)

鴻海、米国で大規模な人材募集開始(10/16)

アジャイル、台湾に初の海外法人(10/16)

産業用PC各社、台湾生産強化へ(10/16)

クアルコム、台湾5G官民連盟に参画(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン