• 印刷する

首都空港、駐車場の自動精算機を本格運用

カンボジアの空港運営会社カンボジア・エアポーツは18日、プノンペン国際空港で進めていた駐車場での自動精算機の運用を本格的に始めたと発表した。駐車場出口の混雑解消を見込む。

駐車場の自動精算機は先月から試験的に導入していた。駐車場の利用者は今後、駐車場から出口に向かう前に料金を精算する必要がある。これまでは、出口にいる職員が料金を徴収していた。

自動精算機は8台あり、駐車料金は二輪車が1回当たり0.5米ドル(約55円)。自動車は普通車が1時間当たり1.25米ドルなど。駐車場の利用台数は1日平均3,000台に達している。

利用頻度の多い客には、プリペイドのパーキングカード「スバイカード」の活用を促す。同カードの利用者には、専用レーンの利用や料金補充の際に10%分を上乗せすることなどの特典が与えられる。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 自動車・二輪車サービス

その他記事

すべての文頭を開く

プノンペン特区社、増資で985万ドル調達(21:22)

EU制裁検討は「心理戦」 フン・セン首相、強気の姿勢維持(10/22)

カンボジア人数百人がデモ、EU本部付近(10/22)

列国議会同盟、選挙結果に強い懸念(10/22)

メコン川のしゅんせつ再開へ、閣僚が問題視(10/22)

農水省、農家支援の価格情報サイトを開設(10/22)

カンボジアとタイ、共通ビザの導入再提案(10/22)

1~9月税収17%増、通年目標の約9割に(10/22)

児童就労問題に着手、英調査団の報告受け(10/22)

米保護主義けん制、ASEMが閉幕(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン