• 印刷する

NZのAI新興企、来月ASX上場へ

人工知能(AI)を用いた言語分析サービスを提供するニュージーランドの新興企業ストレイカー・トランスレーション(Straker Translations)が来月、オーストラリア証券取引所(ASX)で新規株式公開(IPO)を計画していることが分かった。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

同社は既に投資会社から融資を受けており、上場後の時価総額は8,000万豪ドル(約64億5,000万円)規模に上る見通し。

ストレイカー社は、「RAY」と呼ばれるAIで自動学習する言語分析システムを開発している。同システムは20カ国以上の中小企業約1万社で使われており、収益の90%以上を占めている。同社はIPO実施に向け、新たに2,100万豪ドルを調達する予定だという。


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

隣国PR会社プレシャス、KL拠点を開設(11:55)

新型肺炎、日系企業に打撃 武漢・華東で休業延長も視野(01/29)

テイクオフ:愛車の走行距離が20万…(01/29)

新型肺炎、アセアン株に余波(01/29)

新ウイルス、豪NZ経済に影響 観光客減少、豪は23億$損失(01/29)

豪12月企業景況感が下落、今後さらに低迷も(01/29)

州経済、山火事でも安定のVIC州が1位(01/29)

〔オセアニアン事件簿〕豪東部に熱波来襲、また山火事リスク(01/29)

20年代の豪経済成長率は低下へ=ANZ予測(01/29)

百貨店DJs上期、既存店ベースで再び減収(01/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン