• 印刷する

NZのAI新興企、来月ASX上場へ

人工知能(AI)を用いた言語分析サービスを提供するニュージーランドの新興企業ストレイカー・トランスレーション(Straker Translations)が来月、オーストラリア証券取引所(ASX)で新規株式公開(IPO)を計画していることが分かった。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

同社は既に投資会社から融資を受けており、上場後の時価総額は8,000万豪ドル(約64億5,000万円)規模に上る見通し。

ストレイカー社は、「RAY」と呼ばれるAIで自動学習する言語分析システムを開発している。同システムは20カ国以上の中小企業約1万社で使われており、収益の90%以上を占めている。同社はIPO実施に向け、新たに2,100万豪ドルを調達する予定だという。


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:快晴だった土曜日に自宅…(12/18)

豪財政、来年度に黒字回復へ 雇用改善で所得税収増加(12/18)

〔政治スポットライト〕野党が優位拡大、政策案で民意割れるも(12/18)

労組合併の無効要請、資源業界団体が敗訴(12/18)

豪3Q雇用、新規半数はギグ労働=ABS(12/18)

SIAエンジ、豪部門を450万豪ドルで売却(12/18)

豪の投資先ランク下落、政策の不透明感受け(12/18)

〔政治スポットライト〕労働党、職場関連や環境政策見直しなど公約(12/18)

豪などのファイブアイズ、華為の排除で協力(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン