三菱電など中国から日本へ生産移管、米関税回避

【共同】米中貿易摩擦の激化を受け、三菱電機とコマツが中国での生産の一部を日本に移管したことが15日、分かった。米国が中国に対する制裁として発動した追加関税の悪影響を回避する。東芝機械など追随するメーカーもある。米中対立の長期化を見据え、生産体制を見直す動きが広が…

関連国・地域: 中国日本米国
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

一帯一路にどう向き合うか、学術団体がシンポ(12/18)

テイクオフ:7日からジャカルタで開…(12/18)

JA青森、リンゴ販売本格化 台湾・香港に続く第3の市場に(12/18)

ドラッグストアの競争激化 化粧品市場(上)2大巨頭に挑む日系(12/18)

ヤンゴン―ピー線の改修工事、年初に入札へ(12/18)

日産、新型SUV「テラ」を発売(12/18)

日産に臨時株主総会要求、ルノー(12/18)

【この人に聞く】海外初の保育園事業に挑む ヒューマンHD、0歳児から(12/18)

【改革開放40年】(3)巨大市場へ 所得急増、解き放たれた消費力(12/18)

パナソニック、新竹に半導体材料のR&D拠点(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン