• 印刷する

テイクオフ:なぜ、潜るのか――。そ…

なぜ、潜るのか――。そんな質問を何人かのダイバーに投げかけてみた。回答は十人十色。マンタが見たい、沈没船に入りたい、非日常を体験したい、と目を輝かせる人たちもいれば、魚になったような浮遊感が好き、とこぼした女性もいた。

祖父も父も私もダイバー、という人にも会ったか。インストラクターをしていて、「ちょっとはうまくなってきたな」と声をかけてきた。「フィリピンは海か女の二択、ならば海だ!」と豪語したつわものもいた。

自分はなぜ、ダイビングが好きになったのか? 水中カメラを選ぶ際に、ああそうか、と気づく。これだと思ったのは、小さな海洋生物を鮮明に撮るための機種ではなく、慣れないうちは近くのバディ(パートナー)が主な被写体になりそうなもの。海そのものよりも、挑戦するダイバーの思いに心引かれる。ついでに、ジュゴンが見られれば最高!(弘)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピンにもハロウィ…(10/24)

PEZA優遇維持へ、長官がロビー活動継続(10/24)

財政赤字、1~9月は前年比78%増(10/24)

23日為替:$1=53.815ペソ(↓)(10/24)

EC拡大受けアヤラが合弁で物流会社(10/24)

ダバオ空港など開発、運輸省が2社に優先権(10/24)

メトロパシ、インドネ高速道に22.5億円投資(10/24)

配車グラブ、安全向上へ投資を倍増(10/24)

サンロケ水力発電所、サンミゲルが増強検討(10/24)

メガワールドのカビテ開発、初のコンド(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン