• 印刷する

《日系進出》JC日立空調、ベトナムに販社設立

ジョンソンコントロールズ日立空調(東京都港区)は17日、ベトナムに販売会社を設立すると発表した。地場企業タンユイ(Thang Uy)・エンジニアリング・アジアとの合弁で、10月1日付での設立となる。

合弁会社はホーチミン市に拠点を置き、資本金は非公表。出資比率はジョンソンコントロールズ日立空調が70%、タンユイが30%となる。

新会社は、家庭用・業務用のエアコンや大型冷凍機など、幅広く空調ソリューションと関連サービスを提供する。従業員数は80人で、大部分を現地で採用する予定。全国的な販売・サービス網に加え、製品研修センターの設置も計画している。向こう5年でベトナムの空調市場で2桁のシェア獲得を目指す。

ジョンソンコントロールズ日立空調は、2015年に設立された。ジョンソンコントロールズが60%、日立アプライアンスが40%を出資している。東南アジアではシンガポールやマレーシア、タイ、フィリピンに拠点を持つ。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

ビンズオン省のFDIが好調 外資誘致の恩恵、省の対応が好評(12/19)

日産、タンチョンとの合弁を来年9月に解消(12/19)

バンコク航空、来年1月にカムラン線就航(12/19)

ダナン、30年までに運輸インフラに14兆ドン(12/19)

外国人犯罪の摘発、中国人が75%(12/19)

韓越企業が提携、南部に複合ビル建設で(12/19)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(347)(12/19)

アスコット、ビンズオンにサービスアパート(12/19)

三栄建築設計、不動産ネットランドと提携(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン