• 印刷する

《日系進出》JC日立空調、ベトナムに販社設立

ジョンソンコントロールズ日立空調(東京都港区)は17日、ベトナムに販売会社を設立すると発表した。地場企業タンユイ(Thang Uy)・エンジニアリング・アジアとの合弁で、10月1日付での設立となる。

合弁会社はホーチミン市に拠点を置き、資本金は非公表。出資比率はジョンソンコントロールズ日立空調が70%、タンユイが30%となる。

新会社は、家庭用・業務用のエアコンや大型冷凍機など、幅広く空調ソリューションと関連サービスを提供する。従業員数は80人で、大部分を現地で採用する予定。全国的な販売・サービス網に加え、製品研修センターの設置も計画している。向こう5年でベトナムの空調市場で2桁のシェア獲得を目指す。

ジョンソンコントロールズ日立空調は、2015年に設立された。ジョンソンコントロールズが60%、日立アプライアンスが40%を出資している。東南アジアではシンガポールやマレーシア、タイ、フィリピンに拠点を持つ。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

銀行のバーゼル2、移行に壁 不調なら中銀が業界再編を主導も(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

ハノイメトロ2A号線、15日間は乗車無料(03/22)

バンドン―モンカイ高速道路、4月3日着工(03/22)

韓国ソウル交通公社、ダナン都市鉄道で覚書(03/22)

ビンホームズ、不動産ブランドを2つに整理(03/22)

電力料金値上げ、20日から平均8.36%(03/22)

サムスン、8Kテレビを特典付きで発売(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン