• 印刷する

テイクオフ:異国での生活で何かと苦…

異国での生活で何かと苦労するのが散髪店選び。希望の髪型にしてくれる店に出会うまで試行錯誤を繰り返す。過去に駐在した国では、思い切りが良すぎたり、逆に遠慮しすぎだったりで、それぞれ数十年ぶりとなる超短髪、散髪前と何ら変化が見られない髪型にされた経験がある。

インドはどちらかというと前者で、迷いのないタイプが多いようだ。整える程度と頼んでも、いきなりバリカンで刈り上げ始める。細かく注文する客が多いのか、一段落つくたびに手鏡でチェックするよう促されるが、「時既に遅し」というケースも少なくない。

前回、理髪師が満足げな表情とともに仕上げた髪型は、当地の人気クリケット選手そのものだった。すっかり刈り上げられた涼しげなサイドに秋の気配を感じつつ、こうして徐々にこの国に溶け込んでいくのだろうと、どこか達観した心持ちになった。(中)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

パキスタン、外資は利益拡大 首相顧問が日本で投資誘致(12/14)

CPI上昇率、11月は2.33%に鈍化(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

10月の鉱工業生産指数、8.1%上昇(12/14)

エコカー補助金、第2期は来年4月見通し(12/14)

商用車アショク、イスラエル軍需企業と提携(12/14)

車の強制保険、個人事故補償を分離(12/14)

ごみ処理ブループラネット、インド企業買収(12/14)

NECが南部でスマート都市向け事業(12/14)

通信BSNL、昨年度は800億ルピーの赤字(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン