中銀総裁、法改正で権力基盤強化

ラオスで改正中央銀行法が施行されたことに伴い、中銀総裁に同行の最高意思決定機関である金融政策決定会合の議長を務める権限が付与された。議長職はこれまで、ソムディー・ドゥアンディー副首相兼財務相などが担っていた。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が17日伝えた。 中銀…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

ラオスへの輸出、「貿易権」取得を義務付け(06/20)

タイ、ACMECS基金に2億ドル拠出(06/20)

各県で観光名所5カ所を整備へ、政府方針(06/19)

反ダンピング法、通常国会で可決(06/18)

トンルン首相、公務員の削減を指示(06/17)

ラオス国会、法施行に関する課題を議論(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン