東風汽車、武漢に年産30万台の乗用車新工場

湖北省武漢市に本拠を置く中国自動車大手、東風汽車集団(DFM)は、同市の武漢経済技術開発区に年産能力30万台の新たな乗用車工場を設ける。15日付湖北日報が伝えた。 投資額は98億5,100万元(約1,600億円)。プレス、溶接、塗装、組み立てなどの各施設のほか、物流倉庫、廃水…

関連国・地域: 中国-湖北
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米アマゾン、越境ECで地盤 ベトナムのネット経済激変(上)(08/21)

テイクオフ:香港人は名前に独自のロ…(08/21)

テイクオフ:かつて、中国各地の省・…(08/21)

ムセの国境貿易が完全停止、武力勢力襲撃で(08/21)

現代自、インドシフト鮮明 「グランドi10」新型を世界初投入(08/21)

自動車産業は5年内が正念場 業界に危機感、半数倒産の予測も(08/21)

中国国境貿易、チンシュエホーでも停止(08/21)

雇用対策費の追加も、李首相(08/21)

聯発科、5G単独規格通信の通話試験に成功(08/21)

中国政府、北部同盟の襲撃に「強い非難」(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン