運用資産5年で倍、6割回答 業界団体調査、本土が成長促す

個人向け資産管理サービスを提供する香港企業の約6割が、向こう5年で運用資産残高(AUM)が現在から2倍になると見通していることが、業界団体の調査で明らかになった。昨年末時点のAUMを基に計算すると、2023年に2兆米ドル(約224兆円)に達することになる。回答者の8割…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 金融IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

長和の李会長、初の決算会見 大湾区に関心、不動産にも言及(03/22)

長和系3社の18年本決算、CKIは2%増益(03/22)

2月のCPI上昇率、2.1%に鈍化(03/22)

ヘンダーソンの李兆基氏、5月会長退任へ(03/22)

ヘンダーソン、今年は住宅1900戸発売(03/22)

民間住宅の空室率、5年ぶり4%台に(03/22)

テンセントの18年決算、純利益は10%増(03/22)

TVBが上場来初の赤字、本業は堅調(03/22)

高級腕時計のエンペラー、今年6店出店へ(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン