記者の実刑判決には正当性 スー・チー氏、国際社会に反論

ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は13日、西部ラカイン州のロヒンギャ問題を取材していたロイター通信の記者2人に実刑判決が下されたことについて「表現の自由とは無関係で、国家機密法に基づくものだ」と述べ、裁判所の判断は正当なものだとの見解を示した。…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ロヒンギャ帰還準備は完了 バングラ政府、延期含み(11/15)

難民帰還に支援を、首脳会議でスー・チー氏(11/15)

米、スー・チー氏批判=ロヒンギャ迫害問題で(11/15)

ロヒンギャへの市民権付与で反対デモ計画(11/15)

中国系自動車工場、来年3月に現地生産開始(11/15)

携帯4社、データ使用節約で共同キャンペーン(11/15)

ジーニアスコーヒー、域内ビジネス賞を受賞(11/15)

ドイツ企業、ミャンマーの水処理事業に関心(11/15)

ラカインの血液銀行、建設進ちょくは7割(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン