• 印刷する

電力網整備、ADBから3億ドル融資獲得へ

ミャンマーのウィン・ミン大統領は、国内の7つの州・地域の電力網整備のため、アジア開発銀行(ADB)から2億9,890万米ドル(約333億円)の融資を受ける承認を議会に求めた。

12日付ミャンマー・タイムズなどが報じた。トゥン・ナイン副電力・エネルギー相は11日の議会で、融資の対象は最大都市ヤンゴン、中部のエヤワディ管区、タニンダーリ管区、中部バゴー管区と東部モン州、東部カイン州(旧カレン州)、西部ラカイン州の各地域で、来年から始まる6年間の電力整備プロジェクトに充てる計画だと説明した。借款の期間は32年。

同氏によると、同プロジェクトでは既存の電力網の改善と同時に、エネルギー需要の増加に対応。農村部で新たに電力の送電・配電網も整備する。プロジェクトの総額は約3億890万米ドルで、このうち1,000万米ドルは国家予算から拠出する予定という。

トゥン・ナイン副相は、ミャンマー政府の現在の対外債務残高は約102億米ドルだと公表した上で「許容の範囲内で、連邦予算法などにも適合している」と述べた。議会は会期中に結論を出す予定。

ウィン・カイン電力・エネルギー相は今年1月、ミャンマーの電力消費量は少なくとも年15%増加していると説明。現在の国内の総発電量は約3,189メガワット(MW)だが、2020年から21年にかけて消費電力量は4,531MWに達すると警告した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新投資省、手続きのシングルウィンドー化推進(13:21)

投資促進管轄の新省を設立 誘致強化、事業環境改善が目的(11/21)

南部メイの電気料金、燃油高で値上げ(11/21)

アリババの独身の日、1時間で9万ドル販売(11/21)

ヤンゴン空港、欧州航空会社に就航働き掛け(11/21)

運輸相、チン州の新空港建設現場を視察(11/21)

マンダレーのガラス工場、新溶解炉が稼働(11/21)

メコンの空路接続調査、課題解決に期待(11/21)

糖尿病リスク要因、全国で調査実施へ(11/21)

新党「人民党」、ヤンゴンで党本部を開所(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン