• 印刷する

21~30年の港湾開発事業、72%を民間投資に

インドネシア運輸省は、2021~30年に計画する港湾開発事業のうち、総事業費の72%に当たる161億8,000万米ドル(約1兆8,029億円)を民間企業の投資で賄う方針を示した。13日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

港湾開発事業計画の総事業費に占める民間投資の割合は、11~15年は57%だったが、16~20年は72%に拡大した。21~30年もこの比率を維持する方針だ。同省海運局港湾課のトヒール課長は「政府予算には限界があるため、民間企業の参画を拡大したい」と説明した。

運輸省は、既存の港湾4カ所と新設の港湾14カ所の開発事業について、所有権を政府に残して運営を民間に任せるコンセッション事業と、官民連携事業の2方式で行うことを決定した。このうちコンセッション事業14カ所の事業費は、96兆6,000億ルピア(約7,256億円)。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

プンディエックス、国際事業本部を開設(11/20)

中部発電、インドネシアの水力発電所新設(11/20)

アスコット、隣国不動産大手チプトラと提携(11/20)

テイクオフ:週末のジャカルタでは、…(11/19)

政策パッケージ第16弾発表 税優遇・投資規制の緩和に重点(11/19)

韓国政府、インドネシアなどとFTA推進(11/19)

アジアクエスト、三菱系ITセンターを支援(11/19)

エフコード、BCAにウェブ接客ツール導入(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン