米国産綿の需要、インドネシアで倍増へ

米国を拠点とする非営利業界団体の国際綿花評議会(CCI)は、向こう数年の間にインドネシアの繊維産業で米国産綿の需要が倍増すると見込んでいる。新中間層の台頭や、化学繊維くずが原因のマイクロプラスチックによる海洋汚染問題が、綿の需要を押し上げる見通しだ。13日付ビス…

関連国・地域: インドネシア米国
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「おはようフェルプス君…(11/15)

電気自動車開発に19の優遇策 R&D、生産のほか充電設備でも(11/15)

二輪車販売速報値、1~10月は累計533万台(11/15)

チカンペック高速、タンブンもナンバー規制(11/15)

首都のERP、実証実験を延期(11/15)

パティンバン新港、日イ6社がコンサル業務(11/15)

明治、参天製薬の眼科用医薬品を販売へ(11/15)

電動二輪の普及停滞、充電インフラが不備(11/15)

ガルーダ、バンドン―シンガポール路線再開(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン