米国産綿の需要、インドネシアで倍増へ

米国を拠点とする非営利業界団体の国際綿花評議会(CCI)は、向こう数年の間にインドネシアの繊維産業で米国産綿の需要が倍増すると見込んでいる。新中間層の台頭や、化学繊維くずが原因のマイクロプラスチックによる海洋汚染問題が、綿の需要を押し上げる見通しだ。13日付ビス…

関連国・地域: インドネシア米国
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

グラブが新サービス、人気店の出前に特化(21:04)

LRT駅周辺のTOD事業、59兆ルピア規模(20:40)

流通たばこ、100箱のうち7箱が違法品(20:59)

勃興するスタートアップ 技術のインド、親和性のASEAN(09/24)

テイクオフ:ある映画で、インドネシ…(09/24)

編集長がアジア近況を語る、NNAセミナー(09/24)

【この人に聞く】輸出や小売り事業を強化 緑化植物大手ブナラナーサリーズ(09/24)

大統領選候補者が確定、23日から選挙運動(09/24)

19年選挙戦、7カ月間の選挙運動が開始(09/24)

インドネシア大統領選開始 来年4月投開票(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン