香港―珠海のバス350本運行 業界見通し、大橋経由で往来増へ

香港―広東省珠海―マカオを結ぶ海上橋「港珠澳大橋」の開通後、香港と珠海間を走る直通越境バスの1日当たりの運行本数は、現在の数本から350本に増える見通しだ。両地間で人の往来が増えるとみられ、香港区間が23日に開通する高速鉄道「広深港高鉄」も絡め、香港経済の活性化を促…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 運輸小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

利豊、サプライチェーンで中国離れ加速(03/22)

長和の李会長、初の決算会見 大湾区に関心、不動産にも言及(03/22)

長和系3社の18年本決算、CKIは2%増益(03/22)

2月のCPI上昇率、2.1%に鈍化(03/22)

ヘンダーソンの李兆基氏、5月会長退任へ(03/22)

ヘンダーソン、今年は住宅1900戸発売(03/22)

民間住宅の空室率、5年ぶり4%台に(03/22)

テンセントの18年決算、純利益は10%増(03/22)

TVBが上場来初の赤字、本業は堅調(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン