首都の最低賃金9%引き上げ案、財界が難色

インドネシアの首都ジャカルタで、来年の州別最低賃金(UMP)の引き上げ幅を8~9%とするよう労働組合が求めているのに対し、経済界は難色を示している。ルピアの対米ドル安や、輸入前払い法人税(PPh22)率の引き上げなど、経営環境が悪化しているためだ。13日付ビスニス…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

航空会社各社、航空券以外の収入源確保へ(12:16)

官民連携の鉄道3事業、投資を優先誘致(16:01)

テイクオフ:ジャカルタ中心部の国鉄…(01/17)

与野党陣営の舌戦が本格化 大統領選、今夜第1回討論会実施(01/17)

18年の四輪新車販売、7%増の115万台(01/17)

18年の完成車輸入、16%減の8.2万台(01/17)

お好み焼き「千房」、1号店を27日オープン(01/17)

18年の訪日観光客、39.7万人で過去最高(01/17)

消費財キノ、森永現法の全株式の取得を完了(01/17)

宅配各社が相次ぎ値上げ、最大手は平均2割(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン