税制改革で優遇撤廃の恐れ、石油協会が懸念

フィリピン石油協会(PAP)は12日、包括的税制改革(CTRP)第2弾の法案で、石油業界への優遇が撤廃される恐れがあることについて懸念を表明した。主要各社は同法案の行方を見守っており、新たな石油・ガス田の探査に乗り出す企業が出てこないため、優遇の維持を求めた。地…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末にかけて大型の台風…(09/19)

複合AGIが5千億円投資へ 3カ年計画、不動産と飲食軸に(09/19)

合弁の通知要件、競争委がガイドライン(09/19)

未払い税金の利子、今年分から12%に軽減(09/19)

東京特殊電線の新工場稼働、インドネを補完(09/19)

18日為替:$1=54.070ペソ(↑)(09/19)

スマホ販売、8月は中国2社がシェア拡大(09/19)

出前フードパンダ、地方開拓で規模拡大(09/19)

セブのリゾート住宅が好調、ロペス系不動産(09/19)

【予定】19日 日銀総裁会見ほか(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン