鶏肉業者13社、価格協定で罰金2700万Sドル

シンガポール競争消費者委員会(CCCS)は12日、鶏肉の流通業者13社が価格協定などを行っていたとして、総額約2,695万Sドル(約21億8,800万円)の罰金を科すと発表した。 CCCSの前身のシンガポール競争委員会(CCS)は2014年3月、内部関係者からの通報を受けて調査を…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中秋節を24日に控え、…(09/19)

バイオ医薬の安全性試験所開所 独メルク、ア太地域で初(09/19)

米企業直接投資は7%増 5年連続で域内首位、電子が好調(09/19)

企業庁、技術革新でフランスと共同事業募集(09/19)

チワタイ、トンロー通りに低層コンド開発(09/19)

清掃業界の生産性向上、政府が3千万Sドル(09/19)

アスコットがホテル事業、隣国企業に出資(09/19)

都市再開発庁のBID事業、9地区が参加(09/19)

第11回F1の来場者、過去2番目の多さ(09/19)

通信シングテル、eスポーツは大きな商機(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン