上半期の外国人雇用者数、前期比400人増

シンガポールの人材開発省(MOM)が13日発表した雇用統計によると、2018年上半期(1~6月)の外国人労働者(メイドを除く)の雇用者数は前期から400人増加した。前年同期は2万1,400人の大幅なマイナスだった。 外国人労働者数を業種別に見ると、建設業が5,400人減で、前年…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地に住み始めてから購…(11/21)

日本食品のネット販売促進 ジェトロ、ECサイトに初出店(11/21)

国内卸売り販売、7~9月期は27%上昇(11/21)

海外デジタルサービスに課税、法案が可決(11/21)

17年の燃料輸入222万トン、鉱業省(11/21)

企業庁と江蘇、工業団地開発など13件の覚書(11/21)

北東部セレター空港、新ターミナルが開業(11/21)

パリ行きのSIA機、チャンギ空港に引き返し(11/21)

フリークアウト、広告事業の本部を設置(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン