反発、27000の節目戻す=香港株式

13日の香港株式市場は7営業日ぶりに反発して終了した。米中の貿易に絡む交渉再開への期待や米国の良好な主要経済指標、米アップルの新モデルの発表といった好材料がそろい、投資家心理が改善。ハンセン指数は終始、プラス圏で推移し、節目の27000を上抜けた。ニュースサイト、新浪…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

TSLが米中貿易摩擦に備え、顧客離れ防止(13:26)

飼料製造PP、風力発電事業の新会社設立(13:23)

パナ、高齢化やITに注力へ 現地代理店と事業の多角化推進(11/21)

世界人材ランク、香港は18位に後退=IMD(11/21)

10月のCPI上昇率2.7%、横ばいに(11/21)

香港でGI山形日本酒商談会、9蔵元がPR(11/21)

Xマス向け「支出増やす」は6割、市民調査(11/21)

中国粉ミルク、豪市場進出で競争激化(11/21)

トイザらス・アジア、来年68店新設へ(11/21)

反落、500ポイント超える下げに=香港株式(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン