• 印刷する

フォンテラ2億$赤字、CEOも交代

ニュージーランド(NZ)の乳業最大手フォンテラは13日、2017/18年度通期(17年8月~18年7月)の決算を発表し、税引き後の損失が1億9,600万NZドル(約143億2,000万円)と、過去17年で初めて通期決算で赤字転落したことを明らかにした。業績不振などを理由に、同社のスピアリングス最高経営責任者(CEO)は辞任した。

フォンテラは、前年度通期決算では税引き後利益が7億4,500万NZドルの黒字だったものの、今年3月に発表した半期決算では3億4,800万NZドルの損失を計上していた。


関連国・地域: ニュージーランド
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアの家のド…(11/15)

豪州の3Q賃金、2.3%上昇 最低賃金引き上げが貢献(11/15)

豪11月消費者マインド改善、楽観12カ月続く(11/15)

政府、中小企業向けローン市場に20億$投入(11/15)

労働党の340億$増税案、豪経済に悪影響か(11/15)

QLDの鉱山リハビリ改正法、既存鉱山除外(11/15)

炭素税導入案、石油大手ウッドサイドは賛成(11/15)

NSW州が送電網開発、再生エネ投資増狙い(11/15)

豪、次期潜水艦の建造で仏に財務保証を要求(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン