• 印刷する

韓国の財界トップ、南北首脳会談に随行か

サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長を含む約15人の韓国財界トップが、18~20日に予定されている南北首脳会談に出席する文在寅(ムン・ジェイン)大統領に随行する見通しだ。13日付毎日経済新聞が伝えた。

報道によると、サムスン電子からは李副会長のほか、尹富根(ユン・プグン)副会長も同行する。現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)副会長やSKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長、LGグループの持ち株会社LGの具光謨(ク・グァンモ)会長らの名前も上がっているという。金大中(キム・デジュン)政権時代から南北交流事業にかかわっている現代グループの玄貞恩(ヒョン・ジョンウン)会長も随行団に含まれているもよう。

大手財閥では、朴槿恵(パク・クネ)前大統領への贈賄罪により国内で収監中の重光昭夫(辛東彬、シン・ドンビン)ロッテホールディングス(HD)は外れた。

第3回となる南北首脳会談では、文氏が目指している、朝鮮半島とユーラシア大陸を鉄道やパイプラインなどのインフラで連結させる「新経済地図」構想に対する北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の反応に注目が集まっている。4月27日の南北首脳会談では、文氏が正恩氏と2人だけで散策した際、同構想のデータを収めたUSBメモリーを手渡している。


関連国・地域: 韓国北朝鮮
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:米国人のヒルマン監督が…(11/15)

ASEANシフトは複合要因か 米中貿易戦争の影響は(11/15)

Xマス団体旅行、日本は苦戦 香港株安と貿易戦が重しに(11/15)

ソウル市が日系企業を表彰 技術移転と社会貢献を評価(11/15)

サムスンバイオ、株の売買を当分中止(11/15)

サムスン、新型AP「エクシノス9」公開(11/15)

ロッテ情報通信、デジタル戦略を公開(11/15)

関税撤廃の拡大へ努力、韓ASEAN首脳会議(11/15)

現代自ジェネシス、LG電子から車載機器(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン