• 印刷する

8月の中級オフィス価格、7年で最大の伸び

香港不動産仲介大手の美聯集団(ミッドランド・ホールディングス)の子会社、美聯工商舗(ミッドランドIC&I)によると、香港の中級(乙級=B級)オフィスの平均取引価格は、8月に前月比で3.8%上昇した。上昇幅は2011年2月以降で最大。地域別では香港島・上環とセントラル(中環)の値上がり幅が目立ち、全体を押し上げた。香港経済日報などが伝えた。

セントラルの上昇幅は7%、上環は6.5%。このうち、セントラルの中級オフィスの平均価格は1平方フィート(約0.09平方メートル)当たり2万2,525HKドル(約32万円)となり、過去最高額を記録した。上環は1万7,198HKドル。この2地域の年初からの累計上昇幅はそれぞれ23.2%、29.5%となった。

その他地域の価格と上昇幅は、◇湾仔=前月比4.8%上昇の1万9,812HKドル◇コーズウェーベイ(銅鑼湾)=2.9%上昇の1万8,277HKドル◇西区=3%上昇の1万3,603HKドル――など。九龍・尖沙咀は1.1%下落の1万1,791HKドルだった。

8月の中級オフィスの賃料は前月比0.9%の上昇となった。

同社担当者は、価格上昇が約2年続いていた高級(A級=甲級)オフィスに調整の兆しが見える中、資金が中級オフィス市場に流入し始めていると指摘。オフィス全体の空室率が低い状況下で、中国本土と香港を結ぶ大型インフラの完成も追い風になるとして、オフィス市場の見通しは良好との見方を示した。


関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

10月のコンテナ取扱量、9カ月連続マイナス(12:17)

高速鉄道を広州市街に延伸へ 市が計画案、利便性向上(11/16)

豪カンタスの超長距離直行便、香港の脅威に(11/16)

香港の「中国化」に懸念、米諮問機関(11/16)

マカオ政府が施政報告、現金支給を増額(11/16)

微信支付HKの決済急増、今年10倍に(11/16)

HKT、ウエスタンユニオンと送金で提携(11/16)

反発、好決算の騰訊が押し上げ=香港株式(11/16)

上海企業、香港で仮想通貨クオンツファンド(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン