租税総局長に不正疑惑浮上、本人は否定

カンボジア租税総局(GDT)のコン・ビボル総局長は、中東の衛星テレビ局アルジャジーラが指摘した複数の不正疑惑などを真っ向から否定した。問題となっているのは、オーストラリアで経営する信託会社の登記ねつ造や、親族が運営に関与する地場石油関連企業BVMの脱税など。ク…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

EU向けコメ輸出に暗雲 課税適用も、業界は再考促す(11/20)

米国が協力関係維持、海軍基地建設に懸念(11/20)

縫製協会とアクレダ銀、給与管理で提携(11/20)

センチュリー21、首都の新複合ビルを販促(11/20)

アムルライス、5万トンのコメ購入計画(11/20)

無農薬コーヒーの需要増、価格は2.5倍(11/20)

農村開発省、地下水管理システムを導入(11/20)

国内初の建材量販店開業 タイ系グローバル、1万点陳列(11/19)

ポル・ポト元幹部に終身刑、大虐殺で(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン