8月外貨準備高、0.3%減で7カ月連続減少

インドネシア中央銀行が7日発表した8月末時点の外貨準備高は、7月末時点から0.3%減の1,179億米ドル(約13兆875億円)だった。7カ月連続の縮小となった。 中銀は、政府の対外債務の償還や、ルピア相場安定のために外貨を用いたことが外貨準備高の減少につながったと説明した。…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「僕たちは中国人なの?…(11/13)

アジア景気は持ち直し傾向 三井住友銀などセミナー開催(11/13)

【この人に聞く】コールドチェーン事業本格化 DUNEX、足元固めじわり拡充(11/13)

JCB、CIMBと初の女性専用クレカ発行(11/13)

全日空、首都空港第3ターミナルに移転(11/13)

インドネシア、豪州との貿易協定に難色(11/13)

四日市港が利用呼び掛け、首都でセミナー(11/13)

マクドナルド、インドネシアでも脱ストロー(11/13)

首都のERP、3社が14日から実証実験(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン