• 印刷する

テイクオフ:シンガポール湾岸部周辺…

シンガポール湾岸部周辺がにわかに騒がしい。今週末に自動車レース「F1シンガポール・グランプリ(GP)」を控え、準備が佳境に入っているからだ。当地では公道をレースに活用する。対象エリアではコースを整備する機材を乗せた大型トラックやコンテナがあちこちに止められ、一部車線も通行止めになっている。

車窓からふと外を見ると「見覚えがあるけど見知らぬビル」が。数秒の後に気がつく。6月に行われた米朝首脳会談で報道陣が集結した「国際メディアセンター」ではないか。周辺にさまざまな設備が追加され、当時とは全く異なる外観になっているビルの名称は「F1ピット・ビル」。考えてみれば、これが本来の姿なのか。

それにしても、数日のレースのためだけに、建物のみならず街自体まで作り替えてしまうシンガポールの国力には、毎度のことながら圧倒される。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日、知り合いに招かれ…(03/26)

2月のCPI上昇率0.5% 通信・電力は上昇圧力限定的(03/26)

国民は19年度予算案をおおむね支持、政府調査(03/26)

外国人雇用規制強化、外食の収益に打撃小さく(03/26)

賃金評議会開催へ意見公募、人材開発省(03/26)

宗家源吉兆庵、ジュエルチャンギに国内2号店(03/26)

シンガ企業、ゲアン省で港湾開発など計画(03/26)

チャンギ空港利用者数、2月は4%増(03/26)

シュコダ、シンガポールでの販売好調(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン