• 印刷する

テイクオフ:シンガポール湾岸部周辺…

シンガポール湾岸部周辺がにわかに騒がしい。今週末に自動車レース「F1シンガポール・グランプリ(GP)」を控え、準備が佳境に入っているからだ。当地では公道をレースに活用する。対象エリアではコースを整備する機材を乗せた大型トラックやコンテナがあちこちに止められ、一部車線も通行止めになっている。

車窓からふと外を見ると「見覚えがあるけど見知らぬビル」が。数秒の後に気がつく。6月に行われた米朝首脳会談で報道陣が集結した「国際メディアセンター」ではないか。周辺にさまざまな設備が追加され、当時とは全く異なる外観になっているビルの名称は「F1ピット・ビル」。考えてみれば、これが本来の姿なのか。

それにしても、数日のレースのためだけに、建物のみならず街自体まで作り替えてしまうシンガポールの国力には、毎度のことながら圧倒される。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

10月新規車両登録は2%増 前月から伸び減速、乗用車が不振(11/16)

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

ICMG、地場社と起業支援事業で提携(11/16)

【アジア三面記事】マハティール首相に罵詈雑言(11/16)

3カ国の大手銀、イノベーション拠点を開設(11/16)

金融庁、サンドボックス認可までの期間を短縮(11/16)

地場T&T、シンガ社と物流センター設置(11/16)

金融庁、非上場企業向けファンドを設立(11/16)

株価反発、キャピタランドは1.3%高(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン