• 印刷する

タイ航空、58路線でサーチャージ引き上げ

タイ国際航空は14日から、58路線で燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げる。燃料価格の上昇を受けた措置。7日付バンコクポストなどが報じた。

改定後の燃油サーチャージは768~1万2,800バーツ(約2,600~4万3,300円)。768バーツはバンコクからヤンゴン、ホーチミン市などへの近距離路線のエコノミークラス。1万2,800バーツはロンドン線のファーストクラス。

タイ航空は、他社が値上げに踏み切る中、価格据え置きを続けていた。

同社のスメート社長は、燃油サーチャージの引き上げが第4四半期(10~12月)の航空券売り上げに影響することはなく、座席利用率は例年通り80%を維持するとの見通しを示した。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今月は日本の自治体の知…(11/20)

政府、タイ出稼ぎ労働者の合法化に苦慮(11/20)

3QのGDP成長率は3.3% 1.3P鈍化、内需拡大も輸出減速(11/20)

BOIが新たな投資振興策、HV生産も認可(11/20)

IHI、低温倉庫向け自動設備を受注(11/20)

タイ航空ケータリング部門、北部に新工場(11/20)

電力省、9管区・州で風力発電の事業化調査(11/20)

国営トランスポート、小包宅配への参入計画(11/20)

サイアムピリヤ、週末市場で商業施設開業へ(11/20)

エリシアン、北部チェンダオで住宅開発へ(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン