アリババ、交通運輸省と自動運転で協力

浙江省杭州市を本拠とする中国電子商取引(EC)最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)が昨年設立した先端技術の研究機関「達摩院」は6日、交通運輸省公路科学研究院と自動運転分野で協力することで戦略提携を交わした。 ニュースサイトの澎湃新聞が伝えた。双方は共同実験室…

関連国・地域: 中国-浙江
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

17年の結核患者1千万人、30年終息遠い=WHO(09/20)

香港政府が企業支援強化へ 貿易摩擦、投資意欲の後退懸念も(09/20)

テイクオフ:珠江のほとりに立ち、手…(09/20)

【この人に聞く】成長と安定から中進国入りへ JICA、援助戦略をさらに発展(09/20)

李首相「企業の税負担軽減」 景気対策強化、夏季ダボスで表明(09/20)

中国のワンプラス、スマートTV開発へ(09/20)

米製品600億ドル相当に報復関税、24日から(09/20)

アパレル申洲国際、工場新設を計画(09/20)

インフラ投資のてこ入れ、発改委が方針説明(09/20)

【予定】20日 東京ゲームショウ2018ほか(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン