アリババ、交通運輸省と自動運転で協力

浙江省杭州市を本拠とする中国電子商取引(EC)最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)が昨年設立した先端技術の研究機関「達摩院」は6日、交通運輸省公路科学研究院と自動運転分野で協力することで戦略提携を交わした。 ニュースサイトの澎湃新聞が伝えた。双方は共同実験室…

関連国・地域: 中国-浙江
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

AD課税延長を調査、日印産ピリジン(14:48)

マカオの旅行者消費、3Qは15.2%増に(12:28)

テイクオフ:大きな竹ぼうきで歩道を…(11/20)

台泥、トルコ企業と市場開拓へ 再生可能エネも着手、多角化推進(11/20)

日系5社を調査、工作機械でダンピング疑い=中国(11/20)

中国勢、EVの性能アピール 航続距離600キロも、広州MS(11/20)

太陽電池の茂迪、中国工場の拡張費用を未払いか(11/20)

翡翠業界、中国取引業者の値引きに悲鳴(11/20)

アップル向け工場のデモ収束(11/20)

独禁法の改正準備進む、運用指南も制定(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン