• 印刷する

テイクオフ:インドと中国の自動車市…

インドと中国の自動車市場は様相がだいぶ異なる。中国の首都・北京で暮らしていたころはアウディにベンツ、テスラにランボルギーニと、日々見飽きるぐらい高級車と遭遇していたが、ニューデリーではこういった欧米メーカー車をほとんど見かけない。こちらの主流は、日本や韓国のメーカーが手掛ける手頃な価格の小型車だ。

メンツを重んじる中国人にとって、車は自身の財力を誇示する大事なツールの一つ。「大きくて派手なデザインで、高ければ高いほどいい」。そんなふうに考える人も少なくない。

一方のインド人は、平均的な所得水準の低さが前提にあるものの、欧米の高級車に手が届く層でも往々にして日本車を選ぶ。「日本の技術はすばらしい」「日本の製品が一番安心」。そんな絶大な信頼が、裏にはある。イメージを覆さないよう、切磋琢磨(せっさたくま)を続けなければ。(天)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

勃興するスタートアップ 技術のインド、親和性のASEAN(09/24)

テイクオフ:モディ政権幹部の間で、…(09/24)

編集長がアジア近況を語る、NNAセミナー(09/24)

モディケア始動、対象者は5億人以上(09/24)

ウシャマーティン、鉄鋼事業をタタに売却(09/24)

アルミ業界、輸入制限の発動を要請(09/24)

二輪車TVS、メキシコで販売店40店開業へ(09/24)

米レミットリー、22年に送金シェア4割へ(09/24)

伊べネリ、工場増設に向け専門部署を設置(09/24)

【予定】24日 日米貿易協議の第2回閣僚級会合ほか(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン