• 印刷する

テイクオフ:インドと中国の自動車市…

インドと中国の自動車市場は様相がだいぶ異なる。中国の首都・北京で暮らしていたころはアウディにベンツ、テスラにランボルギーニと、日々見飽きるぐらい高級車と遭遇していたが、ニューデリーではこういった欧米メーカー車をほとんど見かけない。こちらの主流は、日本や韓国のメーカーが手掛ける手頃な価格の小型車だ。

メンツを重んじる中国人にとって、車は自身の財力を誇示する大事なツールの一つ。「大きくて派手なデザインで、高ければ高いほどいい」。そんなふうに考える人も少なくない。

一方のインド人は、平均的な所得水準の低さが前提にあるものの、欧米の高級車に手が届く層でも往々にして日本車を選ぶ。「日本の技術はすばらしい」「日本の製品が一番安心」。そんな絶大な信頼が、裏にはある。イメージを覆さないよう、切磋琢磨(せっさたくま)を続けなければ。(天)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:グジャラート州投資サミ…(01/22)

インドのアフリカ重視鮮明 サミットに特別枠、外交で最優先(01/22)

起亜自、インド第1弾モデルを試験生産へ(01/22)

自動車購入時のGST課税、所得税は対象外(01/22)

乗用車輸出、2年連続で前年割れ見通し(01/22)

ルーカスTVS、電動車モーターの供給計画(01/22)

中油、インド石化プラント建設計画を断念(01/22)

サムスン、インドでの携帯生産に不透明感(01/22)

バイジューズ、米知育アプリのオスモを買収(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン